コブの滑り方のまとめ

コブは楽しいですね。
今でこそコブ中心のスキー生活を送っていますが、以前はコブは苦手でした。
物心ついたころからスキーが体に染み込んだ雪国育ちと違い、40代になってコブに目覚め、亀のようにゆっくりと上達していった過程で感じたことを共有できればと思っています。

自己紹介 はこちら

スポンサーリンク

コブの滑り方

コブの滑り方は、滑るラインとターンの方法で分けることができます。
滑るラインは直線的なダイレクトラインから大きく外側を通るバンクライン、そして、その中間のミドルラインに大別できます。
また、ターンの方法は内力を主体としたターンと、外力を利用したターンに分かれます。
言い換えると、自分の力で板を押しずらして行うターンと、板のトップがバンクに当たることによって方向転換するターンになります。

 内力を主体したターン外力を利用したターン
ダイレクト ライン
(ニュー ライン)
ズルドンモーグル
(パーポスターン)
ミドル ライン初中上級者のコブエキスパートのコブ
バンク ラインバンクターン

また、コブを滑る上でポイントとなることはいくつかありますが、次のように局面毎に外見に現れる部分と、そのための一番重要な内面の動きを表にしました。
この分け方に沿って各滑り方の説明を行って行きたいと思います。

局面外見内面
全体上体の向き捻り
切替~谷回り板の向き捻り(ずらし)
山回り~切替上体の上下動吸収

目指しているターンと内面の動きを意識して各滑り方を読んでいただけると、理解が深まると思います。

ズルドン

ズルドンはコブに慣れるために、レッスンの導入などでつかわれる滑り方です。
コブに恐怖心がある場合は有用ですが、独立した滑り方なので、早めに次の段階に進んでください。
滑り方は練習方法を参考にしてください。

コブに慣れる練習 はこちら

初級者のコブ

初めてコブに入るときの注意点などを書いています。
だんだんと滑るコブの数を増やして完走をめざしましょう。

初級者のコブ はこちら

中上級者のコブ

どのようなコブでも完走できるようになりたい方向けの滑り方です。
滑れるコブの状況を増やして、どんなコブでも滑れるようになりましょう。

中上級者のコブ はこちら
スキー バッジテスト1級 コブの滑り方 はこちら

エキスパートのコブ

エキスパートを目指す方向けに書いてみました。
私の実力以上のことはお伝え出来ないのであしからず(笑) 

エキスパートのコブ はこちら
スキー テクニカルプライズ検定 コブの滑り方 はこちら

バンクターン

整地小回りに似たコブの滑り方です。
外力を使ったターンの導入になります。

バンクターン はこちら

全てのコブの滑り方で共通のポイント

コブでの視線 はこちら
滑りをスムーズにするストックワーク はこちら
ピボットターン はこちら
コブ 症状別弱点克服法 はこちら

局面ごとの滑り方

コブでの谷回り はこちら
コブにおける二つのターン はこちら
コブでの山回り はこちら
なめらかなコブの吸収 はこちら
コブでの先落とし はこちら
コブでのカービングターン はこちら
憧れのドルフィンターン はこちら

コブの基本

基本からしっかり練習したい、あるいは思うように滑りが上達しないと感じた時にお読みください。
特に、ポジションと捻りは全てのレベルのスキーヤーにとって基本中の基本です。

上達のプロセス

現状の把握方法、練習プロセスなどをまとめています。

上達のプロセス はこちら

筋力

骨折からリハビリ中の管理人が考える、コブを滑るうえで必要な筋力について書いています。

コブを滑るのに必要な筋力は? はこちら

ポジション

スキーの基本はポジションです。
全てのレベルにおいて最も重要なことですが、特にエキスパートを目指すのであれば必須の課題になります。
正確なポジションをいつでもキープできるようにしましょう。

ポジション はこちら

捻り

なんとなくできた気になっているのが捻り動作です。
コブでは特に重要な運動要素です。
日常の動きにスキーで使う捻り動作はないので、しっかり練習してください。

捻り はこちら

 

コブの滑り方のまとめ はここ
小回りの滑り方のまとめ はこちら
コブの練習方法のまとめ はこちら
小回りの練習方法のまとめ はこちら
スキー検定(バッジテスト)のまとめ はこちら

コメント