コブ 症状別弱点克服法

上から下までコブを通して滑れたら気持ちがいいですよね。
しかし、さまざまな原因でコースアウトや転倒をしてしまうことがあります。
ターンが途切れることとなった症状から、その原因を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

頭が前につんのめる

原因:前傾過多

コブにぶつかる度に、頭が前に出たり、コブが吸収できずに頭から転倒したりする方の対処法です。
整地を上手に滑れる方に多い症状でもあります。
直接的な原因は膝での吸収が少ないことですが、根本原因は切替の時に膝で吸収しにくいポジションにいることによります。
重量挙げの選手を見ていただくと分かるのですが、一番強いポジョションは真っすぐ立つ姿勢です。
しかし、この姿勢で滑ると、地面からの衝撃を吸収することができず、頭まで動いてしまいます。
言い換えると、最も吸収のし難いポジションと言えます。
では、衝撃を吸収しやすいポジションとはどんなポジションでしょうか。
それは、膝関節、股関節が曲がりやすいポジションになります。
具体的に言うと、山回りでコブの衝撃を吸収する時に踵に荷重するポジションをとることが重要になってきます。

前後のポジションを鍛える練習 はこちら

コブから発射する(飛び出す)

原因:股関節の曲げが少ない

頭が前につんのめる方とは逆に、コブに当たると板が体より前に行き、コブから発射する方の対処法です。
一般的に後傾、お尻が落ちていることが原因と言われますが、切替でお尻が低い位置にあることは問題ではありません。
では本当の問題は何でしょうか。
それは、コブを膝で吸収できているが、股関節で吸収できていないことです。
もう少し詳しく説明すると、コブを吸収しながら膝が押し上げられて時に、股関節も曲げて上半身の角度を一定にする必要があります。
しかし、股関節の曲がりが少ないと上体が後ろに(後傾)なり板が前に走ることになります。
この症状を克服するには、膝と股関節が連動した吸収動作を覚えることが重要です。

上下のポジションを鍛える練習 はこちら

ターンができずにコースアウトする

原因:ローテーション

コブの中でターンをしたいのですが、ターンをする前にコースアウトをしてしまう方の対処法です。
コブでも整地でも切替ではエッジを外す必要があります。
下半身と同じ方向に上半身が動くと、エッジが外れず横方向に移動してしまいます。
整地であれば横への移動をした後に切り替えることもできますが、コブの場合はコースアウトをしてしまいます。
対処法としては上半身と下半身を捻り、上体の向きを常にフォールラインに向けてください。

捻りの練習 はこちら

コブが深くなるとターンが続かない

原因:吸収動作が少ない

浅いコブなら何とか滑れるが、深くなってくると途端にターンが続かなくなる方への対処法です。
コブの中では、下半身で衝撃を吸収し、腰(重心)の上下動を少なくして滑り降りる必要があります。
吸収動作が少ないと、腰が上下に動き高い位置から次のコブに降りていくことになります。
対処法としては、コブの頂点でスクワットをするぐらい低い姿勢をとってみてください。

上下のポジションを鍛える練習 はこちら

手が後ろにもっていかれる

原因:ストックを強く突きすぎている

春など、雪が柔らかい時に起こりやすい症状です。
上体を遅れないようするためにストックを強く突き刺す、あるいはストックを軸にしてターンを行う方がいます。
リカバリー時に仕方なく行うということであれば良いのですが、通常の滑りで行うにはリスクが大きいのであまりお勧めはしません。
ストックは突くのではなく、前から振り下ろすようにしてみてはどうでしょうか。
そうすることにより、ストックが雪に刺さるリスクが低減され、腕の動きが小さくなることで上体のブレが少なくなり、より安定した滑りが可能になります。

滑りをスムーズにするストックワーク はこちら

コブからの衝撃が強く、足を伸ばせない

原因:切替後、高いポジションに戻れていない

コブを滑りこんできた人に起こりやすい症状です。
コブでの吸収が行えるようになると滑走スピードが上がってきます。
スピードが遅いときはコブを越えると自然に足が伸び、腰高の衝撃に強いポジションに戻れていましたが、足が伸びる前に次のコブを迎えてしまうと、ポジションが低いままになってしまいます。
そのことにより、コブからの衝撃を吸収することができなくなりターンが続かなくなります。
対処法としては、コブを乗り越えた後、自分から足を伸ばしてみてください。

なめらかなコブの吸収 はこちら

コブをみると恐怖を感じて滑れなくなる

原因:恐怖心

恐怖を感じると体が硬直し、コブの吸収ができなくなります。
根性で恐怖心を克服する、と言う方法もありますが、万人向けではありません。
自信を持って滑れるコブから初めて、一段づつ階段を上がっていきましょう。

コブが怖いと感じた時の対処法 はこちら

 

コブの滑り方のまとめ はこちら
コブの練習方法のまとめ はこちら

コメント