なめらかなコブの吸収

整地とコブの滑りの一番大きな違いは、コブの吸収(足の収縮)と足の伸展動作が大きいことです。
この足の収縮と伸展により重心の上下動を少なくし、安定したなめらかな滑りを実現します。
それでは、その時にどのような点を注意すればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

コブの吸収(足の収縮)

コブを滑るうえで吸収動作は大変重要です。
しかし、コブレッスンや上手い人に、「自分から吸収したらだめ」、「腰を落とさないで」と言われたことがある人も多いと思います。
「腰を落とす=吸収」は正しいのですが、椅子に座るように腰を落としてはいけません。
では、どうしたら良いのでしょうか。

関節の動き

コブを吸収するためには、二つの関節が重要になってきます。
陸上では三つの関節、すなわち足首、膝、股関節を使って吸収動作を行います。
しかし、スキーブーツを履くと足首の可動域がほとんどなくなってしまいます。
このことにより、今まで慣れ親しんだ陸上での吸収動作と異なる動き方を覚える必要が出てきます。
スキーブーツを履いた状態での正しい吸収動作は、膝と股関節を同時に動かし、ブーツに対してお尻が後ろに、頭が前に移動する動きになります。
この動きは意外と難しく、膝あるいは股関節だけのどちらか一方だけの吸収になっている人を多く見かけます。
自分がどちらのタイプかを見分ける簡単な方法があります。
コブを乗り越えた時に後傾になりやすい人は、主に膝で吸収を行っています。
前のめりになりやすい人は、主に股関節で吸収を行っています。
動きが少ない関節に意識を向けて、両方の関節で吸収するようにしてみてください。

サスペンション

関節の動きに加えて、コブの吸収動作でもう一つ重要な要素があります。
それは雪面を押す力です。
押すといっても上体が伸びあがるようなストレッチングの動きではありません。
車のサスペンションのように、少し押し返しながら衝撃を吸収する動きになります。
山回りから切替にかけて、下からくる圧力により膝が押し上げられることにより吸収を行い、コブの出口を過ぎて雪面からの圧力が無くなったら足を伸ばしていきます。
この下からの圧力を感じながら(少し押し返しながら)力を抜いていくことと、下からの圧力に関係なく、自ら膝を抱え込むという違いを体感することが重要になります。

足の伸展

コブを吸収した時点で、足は曲げられ腰が低い位置に来ています。
そのままの状態で次のコブを迎えると、それ以上コブを吸収できなり、コブの衝撃で上体がつぶされてしまいます。
次のコブからの衝撃を吸収するために、コブの裏側で膝と股関節を伸ばす必要があります。
間隔(ピッチ)が広いコブであれば、コブを越えた後に雪面から板が離れるので自然と足が伸びる時間があります。
しかし、間隔の狭いコブ、あるいは滑走スピードが上がってくると、自然と足が伸びていたのでは時間的に間に合わず、自分から足を伸ばしていく必要があります。
この足を伸ばすタイミングは意外と難しく、早すぎると上体が伸びあがるストレッチングの動きになり、次のコブに入りづらくなり、遅すぎると次のコブの衝撃に耐えきれず上体がつぶれてしまいます。
タイミングが合うと、ブランコで立ち漕ぎをした時のように、背中から足(板)を振り下ろすような感覚になります。
他の表現としては、高いところから飛び降りる時に、腰が初めに落下をはじめ、最後に足が離れて、そして足を伸ばして足から着地する感覚です。
この感覚が分かってくると、より深いコブを吸収しても、次のコブに遅れずに入っていけるので、気持ちよく滑走できるコブが増えていきます。

足の吸収と伸展、どちらを意識する?

人によって考え方は違うと思いますが、整地の滑りに慣れている方はコブの吸収を意識する人が多いと思います。
一方、モーグル競技に慣れ親しんだ人は、足の伸展を意識すると聞きます。
これは元々の上下のポジション、すなわち腰の位置の違いからくるのではないでしょうか。
多くの人は腰高のポジションがベースとなっていますが、モーグル競技の人は腰の位置が低い中間姿勢がベースになっているかだと思います。

まとめ

膝と股関節を同時に動かす吸収動作を覚えましょう。

コブの出口を越えてからの足を伸展するタイミングを覚えましょう。

 

上下のポジションを鍛えるの練習方法 はこちら
コブの滑り方 はこちら
コブの練習方法 はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました