自己紹介

幼少~学生期

幼少期に親におんぶをされて雪山に行ったのがゲレンデデビューだったようですが、記憶に全くありません。
高校の野外授業でスキー実習があり、初めて自分の力でスキーをしました。
大学生1年生の時、体育の授業で運よくスキー実習を選択できたことが、スキーに傾倒するきっかけになり、スキーブーム真っただ中、サークルに入ることもなく、友達とスキーを楽しんでいました。

社会人時代初期

社会人になってもサンデースキーヤーとして、仕事と趣味の両立をはかっていました。
しかし、何を思ったか、20代半ばで日本を飛び出し、カナダとニュージーランドで2シーズンほど雪山を楽しんで来ました。
帰国後、達成感からか、スキーと疎遠になり静かに過ごしていましたが、会社の同僚に誘われゲレンデに行くことになりました。
その時に、同僚の履いていたカービングスキーに感動し、スキー熱にスイッチが入ってしまいます。

リハビリ期

30代半ば、スキー滑走中に右足を粉砕骨折し60日間入院しました。
スポーツどころか、日常の生活がままならい期間が何年も続き、スキーを再開するつもりはなかったのですが、子供が幼稚園に通うようになり、リハビリを兼ねて子供をスキーに連れて行くようになりました。
それから数シーズン、徐々に滑走日数を増やしていきましたが筋力不足で整地をまともに滑ることができません。
そんな時になぜかコブに入り、コブの方が足に負担が少ないことが分かり、それ以降コブをメインで滑るようになりました。
コブをすいすいと滑るために、雪上での練習はもちろん、陸上での柔軟、筋トレにも励みがでてきました。

壮年期

日常生活の不安は無くなり、膝への負担を気にしながらスキー行っています。
50歳を超え、自分の筋力と相談しながら、楽しみ方を模索中です。

本サイトについて

本サイトはリハビリの過程で分かったことなどを含め、私の備忘録、そして上達のヒントを共有出来たらいいなと思い書き始めることにしました。
その後、新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が多くなり、雪山のブログも書くようになりました。
多くの人が楽しくなるようなサイトにできたらと思っています。

プロフィール

年齢  :四捨五入で50歳
性別  :男
スキー歴:30年以上(途中、何度も倦怠期有り)
足前  :そのへんのゲレンデにいるコブ好きスキーヤーです。
     自分の体力、筋力と相談しながら、楽しくコブを滑っています。
    (おまけ)石の上にも四半世紀、テクニカル受験記 はこちら

お問い合わせは こちらからお願いします。

スポンサーリンク
スキー凸凹研究所