コブでの谷回り

コブをかっこよく滑りたい。
コブ好きであれば、だれしも思うことですよね。
ひとそれぞれ、かっこよさの基準が違うと思いますが、私は谷回りが大きな部分を占めていると考えています。

スポンサーリンク

谷回りとは

では、どのように谷回りをしたらよいのでしょうか。
その前に、認識を統一するために谷回りとは何かを考えていきたいと思います。

滑りは、切替=>谷回り=>山回り=>切替=>谷回り=>山回り=>切替、、、と続いていきます。
山回りでは、両スキーの山側のエッジ(谷側にあるスキーのインエッジ、山側にあるスキーのアウトエッジ)を使って滑っています。
谷回りは、逆に両スキーの谷側のエッジ(谷側にあるスキーのアウトエッジ、山側にあるスキーのインエッジ)を使う状態です。
と、言葉で書くことは簡単なのですが、実際は谷側のエッジを使うことは大変難しく、ある程度スピードが無いとできません。
斜面に静止した状態から、そのまま谷側のエッジに乗り換えることはできません。
谷回りを別の言葉で表すと、重心が板の上を越えて(クロスオーバー)山側から谷側(フォールライン方向)に移動した状態とも言えます。

谷回りを行うには、捻り動作が密接に関係してきます。
切替直後の捻り方と谷回りの関係を見ていきましょう。

順捻り

順捻りとは捻られた状態から戻る動き、すなわち谷回りでは板のトップが横方向からフォールライン方向に戻る動きです。
コブに慣れていないときは、恐怖心からどうしても順捻りが大きくなってしまいます。
ズルドンの動きを想像していただければ分かり易いと思いますが、右(左)に向いていた板をコブの出口を利用して一気に左(右)に向ける動作になります。
順捻り動作が強いと、先ほど説明した谷回りがほとんどなくなってしまいます。
結果として山回りのみ滑りになってしまいます。
これは、整地でも同じです。
谷回りが無い、あるいは少ないとどうしてもスピードコントロールできる場所がコブの裏側だけになってしまい、滑り方が制限されてしまいます。
また、一番減速要素の大きいバンクを利用しずらいので、スピードに弱い滑りになります。

捻らない

山回りが終わった時に正しい前後のポジションに荷重ができていると、谷回りに入った時に雪面抵抗により、板のトップはフォールラインを向こうとします。
ここで、自分からは捻りを加えずに重心のフォールライン方向への落下に集中できれば、自然に板が体から離れていき谷回りができあがります。
この動きができるようになると、整地でのカービングターンと同じような感覚で滑れるようになってきます。

コブでのカービングターン はこちら

逆捻り

谷回りの重要な目的の一つに、スムーズな重心の落下があります。
正確に言うと、重心の落下を妨げる要素を少なくする運動です。
有名なガリレオ・ガリレイがイタリア ピサの斜塔で行った実験結果でも分かる通り、どのような重さの物体でも(自由)落下速度は同じです。
体重には関係ありません。
また、自分の力で落下速度を速めることはできません。
重心が落下するためには時間が必要です。
すなわち、谷回りの時間を長くする必要があります。
その為に逆捻りを行います。
谷回りになっても、板のトップが山側に向く方向に逆捻りを行うことにより、スムーズに板が横に出ていき、同時に重心を大きく落とすことができます。
山側にあった重心が板を越えフォールライン方向に移動することにより、素早く板のトップが雪面をとらえることができ、谷回りからスピードをコントロールできるようになります。
また、板の左右への傾きにより板のトップがバンクに当たった時の衝撃を吸収しやすくなります。

まとめ

谷回りとは両スキーの谷側のエッジ(谷側にあるスキーのアウトエッジ、山側にあるスキーのインエッジ)を使う状態です。
谷回りは捻り動作と大きな関係があります。
谷回りを長くとることにより、重心がスムーズ落下し、板の雪面コンタクト時間が長くなります。
その結果、スピードコントロールが行いやすくなります。

 

コブでの谷回り はこのページです。
コブにおける二つのターン はこちら
コブでの山回り はこちら

コブの滑り方 はこちら
コブの練習方法 はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました