コブの練習方法のまとめ

練習方法には、人に教えてもらいながら行うものと自分1人で行うものがあります。
ここでは、自分1人で行う練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

基本練習の方法

調子が悪い、滑れないコブがある、など不調に陥った時は、基本練習に立ち戻ってみてください。
どこまで上手くなっても、戻ってくるのは基本です。
この基本が、どれだけ正確にできているかが、上達の決め手になります。

前後のポジションを鍛える練習 はこちら
上下のポジションを鍛える練習 はこちら
左右のポジションを鍛える練習 はこちら
捻りの練習 はこちら
切替の練習 はこちら
ストックワークの練習 はこちら
膝の負担が少ない筋力トレーニング(膝が悪い方向け) はこちら

コブの練習方法

コブを使った練習方法をご紹介します。

コブに慣れる練習 はこちら
連続ターンの練習 はこちら
洗練されたターンの練習 はこちら
コブが怖いと感じた時の対処法 はこちら
上達の壁をぶち破る方法 はこちら
超簡単!3ステップ、スキー コブ上達法 はこちら

体の硬い方の練習方法

若い人、体が柔らかい人は何も考えずにできています。
体が硬いと思われる方はここから読んでください。

上達のプロセス」で書きましたが、練習は次の順番で行うのが効果的だと考えています。

(1)可動域の拡大(柔軟)
(2)筋力トレーニング
(3)ポジションの確認(陸上)
(4)反復練習(整地)
(5)実践練習(コブ)

コブの練習というと(5)実践練習のことを考えている人も多いのですが、私は(3)(4)ができるようになれば、コブは滑れるようになると思っています。
平日はサラリーマンをしているサンデースキーヤーと言うこともあり、普段は(3)ポジションの確認(陸上)を行い、ゲレンデでも多くの時間を(4)反復練習(整地)に費やします。
そして、最後に確認のためにコブを滑ります。
そこで課題を見つけ、また(3)(4)(5)の繰り返しです。

とはいっていも、本当は一日中コブを滑っていたいのですが、歳をとると体力が続きません。
若い人はガンガン、コブを滑って上達するのもありだと思いますが、コブの滑りを意識した、陸上と整地の練習を増やすことも考えてみてください。

 

コブの滑り方のまとめ はこちら
小回りの滑り方のまとめ はこちら
コブの練習方法のまとめ はここ
小回りの練習方法のまとめ はこちら
スキー検定(バッジテスト)のまとめ はこちら

facebook twitter やっています。
いいね、フォローをよろしくお願いします。
練習方法
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所

コメント

  1. ようやくこのようなブログに巡り会えて感謝です。コブ初心者で、下半身の柔軟性と筋肉トレーニングなと必要と感じながら、何をして良いか露頭に迷っていました。今日から陸上トレーニングをベースにコツコツ頑張ります!50を超えてようやく一級を目指すことにしましたが、あまり先を長く考えずに頑張りたいと思います。
    これからブログ拝見して頑張ります!

    • マーさん、こんにちは。
      参考にしていただけ、光栄です。
      あきらめなければ、1級は合格できるので、頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました