コブでの先落とし

コブの滑り方で、よく先落としという言葉がでてくると思います。
コブを滑るためには積極的な先落としが必要、などと言いますが実際はどうなんでしょうか。
先落としの方法もいくつかあり、そのあたりを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

目的

まず初めに先落としの目的を考えてみましょう。
先落としとは板の前半分を早く落とし、雪面に接地させることになります。
板が雪面に接地すると、そこで初めて滑りをコントロールできるようになります。
すなわち、ターン弧の調整、スピードコントロールができます。
逆に言うと、板が空中にいる間は雪面に対する働きかけを行うことはできません。
また、先落としを行うと板の前半分「も」利用した滑りができるので、滑りの幅が広がります。
テールのみでコブを滑ることも可能ですが、板の性能を生かしきれない自分の筋力に頼った滑りになってしまいます。

初級者の先落とし

先落としは少しでも板の前半分に自分の重みが伝わっていれば起こります。
ウイリィーのように板のトップが浮くような後傾でない限り、どのような滑りをしていても起こるのですが、トップに重みがある場合と無い場合ではトップが下を向くスピードが違ってきます。
板がコブのバンクに当たり吸収動作を行っているときは、重心は後ろ目になっています。
吸収動作が終わり次の動作に入っていくところ、すなわち切替の部分で下がったお尻を上げ、重心を前に持っていくことを心がけましょう。
コブに慣れるこの段階ではあまり先落としを意識する必要はないと思います。
気をつけていただきたいことは、重心を前に持ってくるために、お尻の位置がそのままでお辞儀のように上半身を前に折らないことです。
お尻を持ち上げながら重心を前に出しましょう。

中上級者の先落とし

この段階でも先落としのための特別な動作は必要ないように思います。
それよりも、適切な場所で適切な重心移動を行うことを心がけてください。
多くの人は切替のタイミングが早すぎると思います。
切替はコブの出口で行ってください。
コブの出口とは、コブのなかで一番テカテカ光っている場所です。
一番多くの人が通るラインなので固められ光ってきます。
分からない場合は、板を外してコブの中を歩いてみてください。
他の場所と雪面の状態が違うのですぐ分かります。
また、その場所に到達するにはどうするかと言うと、今、切替を行っている場所から2拍分待って切替を始めてください。
2拍です。
1拍だと早すぎる場合が多いです。
本当にここ?と思う場所まで吸収を続け、そこで切替を開始してください。
既に斜面を下り降りていく部分なので、切替を行うときに行う伸びあがる方向が斜面に垂直方向に近くなり、自然と先落としになります。

繰り返しになりますが、先落としを意識するより、切替の場所に神経を集中してください。

エキスパートの先落とし

もう一度アイキャッチ画像を載せます。


女性が、膝から下を後ろにして、ジャンプしています。
先落としとはこの動きをすることだと私は考えています。
また、先落としは独立した動きではなく、コブを滑っていく流れの中で現れる状態です。
山回りでは板が重心より前に出ています。
この板を谷回りに入る部分で後ろに引き上げます。
踵をお尻につけるように引くことがポイントです。
このことにより、板のトップが下がり先落としになります。
コブの中では全ての動作をシンプルに短時間で行う必要があります。
山回りでの吸収動作から、谷回りの入り口の先とし動作までが一連の動きとなります。
吸収動作では膝が押し上げられ、結果としてお尻が下がった状態になっています。
そのお尻を持ち上げる動作と踵を引く動作を同時に行います。
お尻を上げる方向が上だと、スピードに遅れて後傾になってしまいます。
踵を先に引き始めると、お尻が前に移動し重心移動がスムーズに行えます。
見た目は、イラストの女性のように弓なりになります。
慣れないうちは、体の下に板がなくなるので恐怖を感じると思いますが、練習で克服していってください。

また、先落としの動作を一言で言えばドルフィンターンです。

憧れのドルフィンターン はこちら をご覧ください。

バンクターンの先落とし

項目をつくってみましたがお話しすることがありません<m(__)m>
バンクターンはコブ斜面の中の凸凹が少ない場所を滑る滑りです。
したがって、段差がないので先落としをする必要がありません。
でも、段差があったら? と言うときは、スピードを上げて斜面に張り付くように滑ってください。
ただ、バンクターンは特殊なターンなので、全ての斜面で行えるわけではありません。

まとめ

どうですか? イメージは掴めましたか。
初中上級者の場合、先落としよりも切替での重心移動に意識を向けましょう。
エキスパートは、一連の流れの中で先落としを行うようにしましょう。

 

コブでの谷回り はこちら
コブにおける二つのターン はこちら
コブでの山回り はこちら

コブの滑り方 はこちら
コブの練習方法 はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました