憧れのドルフィンターン

「ドルフィンターン」、かっこいいですよね。
華麗なドルフィンターンをするとゲレンデで注目を集めること間違いなしです。
加えて、コブの滑りも劇的に変化します。
いや、変化するかも?

「かも?」
なぜかと言うと、実は私、ドルフィンターンができません。
長年試行錯誤はしているのですが、なかなか華麗に雪面から板が離れません(>_<)
コツなのか、筋力なのか誰か教えてください。

このような同じ悩みを抱えているスキーヤーは多いはず。
と、言うことで、少しでも参考になればと思い、私が行っている練習方法や参考にしているサイトをご紹介します。

スポンサーリンク

ジャンプの練習

ドルフィンターンをするためには雪面からジャンプする必要があります。
陸上でのジャンプと同じように飛び上がると思うかもしれませんが、ドルフィンターンのジャンプは違います。
板の後ろ半分をたわませ、その反動を利用してジャンプします。
中間姿勢をとり、そこから膝を引き上げながら板を前に押し出します。
タイミングよく板を前に動かすと、板のテールが雪面を押しながらトップが上にあがります。

次に、前に行った板を後ろに引きます。
その時に、太腿を引き上げながら、テールをお尻につけるように、板を後ろに引きます。
そうすると、板のトップから雪面に着地します。
自転車のペダルを逆方向に漕ぐのと同じ動きです。

始めのうちは、両横にストックを刺し、ストックを支えとして手の力も利用しながらジャンプしてください。
前に進むようであれば、ゆるやかな斜面で板を上にした状態で練習してください。

慣れてきたら、だんだんと手の支えを少なくしていきます。
最後は平地で支えなしでジャンプをできるようにします。

斜面でのジャンプの練習

ゲレンデの中の盛り上がった部分、あるいはゲレンデの端のほうにある、ピステンで整備されたゲレンデとオフピステの境の盛り上がった場所を探します。
谷回りがその盛り上がった場所がくるように滑りを合わします。
そして、盛り上がりを利用してジャンプをし、空中でターンをしながらトップから着地します。

コブの中でのジャンプの練習

ついに、コブの中に入ってきました。

 

コブの中でもジャンプをしているのか?

ジャンプしているようには見えないけど??

本当にコブを滑るのにドルフィンターンは必要なの???

 

と思っている人もいるかもしれませんが、コブの中では常にドルフィンターンをしています。
が、見ていて分かるほど飛び上がったりはしません。
ドルフィンターンの前半部分、板を引き上げる動作はコブの吸収動作になります。
後半部分、足を引き戻す動きは先落としになります。
切替後、しばらく待っていれば足元がコブから出て板のトップが下がるのですが、少しでも早く板を雪面に付けて滑りをコントールしたい場合、ドルフィンターンが有効です。
板を引くことにより板のトップが早く下がり、コブに板が張り付いたように見えます。

あれ、ドルフィンターンができないのではなかったのでは?
と、言われそうですが、そうです、できないんです。
全部、想像で書いています。
と、言うわけではなく、できないのは、整地を滑りながら飛び上がるドルフィンターンなのです。
整地でドルフィンターンを行うのが一番かっこよくありませんか?
すいません、個人の感想です。

参考動画

私が参考にしている動画です。
みなさん、かろやかでかっこいいですよね。

ドルフィンターンの練習方法を解説している動画

始めに謝ります。
英語の動画多くて申し訳ございません。
しかし、参考になる動画は海外のサイトに多いのでお許しください。

 

Dolphin Turns – Advanced Skiing Drills for Balance
Section 8 Snowsport Institute

一番詳しく練習方法を解説しています。
大変参考になります。

 

PSIA-AASI Go With A Pro: Dolphin Turns for Advanced Bump Skiing
PSIA-AASI

整地でのドルフィンターン
コブの中でのドルフィンターンはやりすぎです。

 

Harald Harb, Learn to stay forward in Short Turns. Series 2, Flappers and Dolphins turns
Harald Harb

整地の滑り方の解説ですが、コブでも同じです。

コブでのドルフィンターン

Dolphin Turns Mogul Skiing Demo
Reilly McGlashan

 

不整地 コブ ドルフィンターン 滑り方
Ryuji Kuwabara

コブの中を直滑降しながらのドルフィンターン
良い子は絶対にまねをしないでください(笑)

整地でのドルフィンターン

コブの滑り方…フラット編~ドルフィンターン前~
コブの滑り方:フラット編~ドルフィンターン横
上田諒太郎

コブの中で実用的な小ぶりのドルフィンターンです。

 

Dolphin Turns – Sofa Ski School
Klaus Mair

SIH Dolphin Turns Page 51
Parallel Dreams Coaching

skier荒井拓磨・佑沙のなからTV
Dolphin Turns(ドルフィンターン)のやり方を分かり易く伝授!

最後に

私も、今シーズンこそは整地でドルフィンターンができるように、頑張りたいと思います。
(と思って早うん年(笑))

 

コブの滑り方のまとめ はこちら
小回りの滑り方のまとめ はこちら
コブの練習方法のまとめ はこちら
小回りの練習方法のまとめ はこちら
スキー検定(バッジテスト)のまとめ はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました