スキー オフトレの勧め

みなさんは夏の間は何をしていますか。
筋肉トレーニング(筋トレ)を行う、サマースキー、他のスポーツを楽しむ、などさまざまな過ごし方があると思います。
全て正解ですが、夏の間にスキーが上手くなりたいという方に、スキーに役立つオフトレをご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

オフトレと言うと筋トレが真っ先に思い浮かぶと思います。
もちろんスキーと言うスポーツを行う上では重要なことなので、筋トレは継続して行ってください。

しかし、このコラムでお伝えすることは、筋トレではなく、スキーの動きに直結する動きで、雪上よりも陸上で行うことの方が効率的なトレーニングです。

一般のスキーヤーは仕事が休みの時にスキー場に向かいますが、11月後半からGWまで全ての土日祝日を滑ったとしても約60日しかありません。
そんなヘビースキーヤー(?)でも、年間300日以上は自宅にいます。
この300日でスキーが上手くなれたら嬉しくありませんか?
そんな夢のような話はないよ、と言うそこのあなた、そんなことはありません。
雪上で行うより陸上で行った方が効率的なトレーニングはたくさんあるのです。
それらをご紹介していきます。

陸上で出来るトレーニングは、リンク先の各トレーニングの中で、練習場所が陸上となっています。

バランス

バランスには、前後、上下、左右の3方向があります。
滑走中は足下が動いているので、バランスがとりにくくなります。
まずは、地面が動かない状態でしっかりとバランスをとれるようになることが重要です。
特に、前後、上下のバランスは陸上で完璧にできるようになってください。
左右のバランスだけは少し状況が違います。
ゲレンデには斜度があるので、整地と同じバランスと言うわけにはいきません。
整地である程度、左右のバランスがとれるようになったら、実践が重要になってきます。

前後のポジションを鍛える練習 はこちら
上下のポジションを鍛える練習 はこちら
左右のポジションを鍛える練習 はこちら

捻り

捻り動作を行うためには、まず、どの部分を、どの筋肉で、どのように動かすかを把握することから始める必要があります。
捻りは内面の動きなので、インストラクターが捻り動作ができていないことを指摘することはできても、筋肉の動かし方を教えることは困難です。
捻り動作ができない理由の一つに、動かしかが分からないという問題があります。
これは、使わない筋肉は退化していき、脳から指令を伝える力が弱くなっているからです。
人によっては体が硬く、ストレッチから行う必要も出てきます。
このような練習を滑りながら行うことは事実上不可能です。
特にローテーションが治らない方は、陸上でトレーニングすることを強くお勧めします。

捻りの練習 はこちら

ストックワーク

滑りの中でストックワークは地味な存在ですが、ストックを突くことによってバランスを崩している方を多く見かけます。
また、手を前にという言葉が頭に残り、ストックワークの方法自体を勘違している方もいらっしゃいます。
滑走中はストックを突く回数も限定的ですが、陸上では集中して何度でも行うことが可能です。
ストックワークは陸上のみでマスター可能なので、しっかりと練習しましょう。

ストックワークの練習 はこちら

最後に

繰り返しになりますが、ゲレンデ滑るより上達に効果のあるオフトレがあります。
オフシーズンに限らず、オンシーズンでもオフトレを積極的に行いましょう。

 

 

コメント