営業期間が長いスキー場 ベスト5

例年、10月から翌6月まで、リフトを利用して滑れるスキー場が営業しています。
これらの中で、営業期間の長いスキー場のランキングです。

スポンサーリンク

選考基準

営業日数は、オープン日から営業終了日までの日数で、次の条件により算出します。

営業日数に含める期間

  • シーズン初めなど、融雪による一時休業期間
  • 荒天による営業休業日
  • 新型コロナウイルスの影響など、特別な理由により営業を中断した期間

営業日数に含めない期間

  • 厳冬期にクローズする期間(大雪山スキー場、奥只見スキー場など)

2020/21シーズン

1位 横手山・渋峠スキー場(志賀高原)

オープン日:2020年11月14日(土)
営業終了日:2021年5月30日(日)
営業期間 :198日間(含む、融雪による一時休業期間)

昨年に続き、堂々の1位です。
2020年11月13日に招待者のみのプレオープンを行っており、公式twitterでは、その日を加えて199日の営業期間と発表しています。
スノーマシンを導入し、万全の態勢でシーズンインを迎えることができるので、当分の間1位は揺らぎそうにありません。
ちなみに、オープン時のゲレンデは最高地点の2307mからの滑り込む渋峠スキー場ではなく、横手山の海和ゲレンデです。

2位 かぐらスキー場

オープン日:2020年12月2日(水)
営業終了日:2021年5月23日(日)
営業期間 :173日間

シーズン初めと春スキーシーズンに、ハイシーズンより多くの人が訪れる珍しいスキー場です。
雪の降りが遅く、12月に入ってのオープンでしたが、例年11月の後半にオープンします。
また、従業員に新型コロナウイルスがでたことから、隣の苗場スキー場とともに、途中営業中止期間がありました。

3位 熊の湯スキー場(志賀高原)

オープン日:2020年11月25日(水)
営業終了日:2021年5月15日(土)
営業期間 :172日間

降雪期には、横手山スキー場から滑り込むことができます。
距離は近いのですが、横手山とは数百メートルの標高差があり、その差が営業期間にでています。
実際の営業日では、2位になります。

4位 札幌国際スキー場

オープン日:2020年11月28日(土)
営業終了日:2021年5月9日(日)
営業期間 :163日間

北海道のスキー場がランクインです。
天然雪でこの営業期間の長さは魅力的です。

5位 丸沼高原スキー場

オープン日:2020年12月4日(金)
営業終了日:2021年5月9日(日)
営業期間 :157日間

オープンが12月になりましたが、例年は11月23日(祝)を含む週にオープンします。

次点 ロッテアライリゾート

オープン日:2020年12月11日(金)
営業終了日:2021年5月15日(土)
営業期間 :156日間

従業員の新型コロナウイルス感染により1日早く営業を終了しました。
予定通り5月16日まで営業ができていたら、丸沼と同数5位でした。

番外 スノーパークイエティ

オープン日:2020年10月30日(金)
営業終了日:2021年3月28日(日)
営業期間 :150日

毎年オープン日を競う狭山スキー場が11月に入ってからのオープンと発表したため、オープン日が10月最後の週になりました。
また、例年より1週間早く3月中に営業を終了したので、昨年より14日営業日が短くなりました。

2019/20シーズン

1位 横手山・渋峠スキー場(志賀高原)

オープン日:2019年12月7日(土)
営業終了日:2020年6月1日(月)
営業期間 :178日間(含む、緊急事態宣言で営業中止期間)

例年11月最後の週から、5月最後の週まで約6か月間の営業します。
記録的な小雪の中、6月まで営業出来たことは奇跡です。

2位 スノーパークイエティ

オープン日:2019年10月25日(金)
営業終了日:2020年4月5日(日)
営業期間 :164日

ライバルの狭山スキー場が改修工事のため営業中止だったので、数週間遅めのオープンでした。

3位 かぐらスキー場

オープン日:2019年11月30日(土)
営業終了日:2020年4月17日(金)緊急事態宣言を考慮
営業期間 :140日間

例年通り5月最終週まで営業していれば、シーズンの一番長いスキー場でした。

 

スキー場 カテゴリー別 ランキング まとめ はこちら

コメント