スキー場が多い都道府県ランキング

全国のスキー場の数、気になりますよね。

いろいろなWebサイトにスキー場の数がでていますが、サイトによってその数はまちまちです。

スキー場の数など、すぐ分かるだろうと思われるかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。

スポンサーリンク

スキー場の数の問題

全国のスキー場の総括団体が存在しない

SAJ、SIAなどのスキー、スノーボードスクールを全国で統括する団体はありますが、全国のスキー場を統括する団体は存在しません。

よって、スキー場の数が直ぐに分かりません。

スキー場の定義が存在しない

そもそも、何をもってスキー場とするかの定義が存在しません。

たとえば、裏山に斜面があり、そこに雪が降ったとします。

自治体の人がそこで子供たちとスキー、スノーボードで遊んでいて、〇〇スキー場と呼んだとします。

これは、スキー場でしょうか?

もう少し進化すると、そこに簡易ロープトゥを導入したとします。

どうでしょうか。

実質的に廃業していても、営業中止状態となっている

スキー場は広大な土地が必要であり、国や地方自治体から土地を借りて営業していることが多々あります。

その場合、スキー場を廃止するには、構造物(リフトなど)を撤去し、植林をし原状復帰をして土地を返却する必要があります。

スキー場運営会社が倒産した場合、もちろん原状復帰を行うことができません。

そうすると、スキー場を廃止ではなく、営業中止として放置することが起こります。

実質的に、営業再開が不可能な状態でも、形の上でスキー場は存続していることになっています。

 

現状復旧費用について

継続も地獄、廃止も地獄、公営スキー場運営 はこちら

スキー場の数の数え方

スキー場が分かれていて、運営が違えば、違うスキー場と数えるのは簡単です。

しかし、次の場合はどのように考えればよいでしょうか。

スキー場が繋がっていて、リフト券も共通券のみだが、運営会社が別々

例:志賀高原スキー場、ハチ高原スキー場とハチ北スキー場

スキー場は離れているが、リフト券が共通で、運営会社が同じ

例:八幡平リゾート 下倉スキー場とパノラマスキー場

スキー場の定義

今までお話ししてきたように、スキー場が多い都道府県ランキングを作成するにあたっては、スキー場の定義が必要です。

そこで、このサイトではスキー場を次のように定義しました。

  • 2020/21シーズンに営業したスキー場
  • 2020/21シーズンに営業はできたが、新型コロナウイルスの影響で営業を中止したスキー場
  • 索道の無いスキー場は運営者のHPがあること(含む地方自治体のHP内での紹介)
  • 個別の1日券がなく共通1日券のみ発売されるスキー場は1つのスキー場と数える
  • ただし、廃止を発表したスキー場を除く

補足)少しグレーなところもありますが、次のスキー場は1か所として数えることにしました。

  • 八幡平リゾート 下倉スキー場とパノラマスキー場
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 志賀高原マウンテンリゾート
  • ハチ北スキー場とハチ高原スキー場

ランキング

それでは、ランキングを見ていきましょう。

1位 北海道

115か所

 索道有:95か所
 索道無:20か所

北の大地、北海道が圧倒的な1位でした。
開けた斜面にロープトゥを設置すれば、道内どこでもスキー場になり、この他にも自治体などがボランティアで運営しているスキー場がある可能性が高いです。

2位 長野県

62か所 

 索道有:61か所
 索道無:  1か所

ほとんどのサイトでスキー場数1位と紹介されている長野県ですが、実際には北海道の約半数でした。
志賀高原を18か所と数えれば、もう少しスキー場の数が増えます。
千畳敷スキー場を含めましたが、再開時期が未定なので少し怪しいです。

3位 新潟県

51か所

 索道有:50か所
 索道無:  1か所

スキー場の大部分は上越と中越地方にあります。

4位 山形県

23か所

 索道有:21か所
 索道無:  2か所

東北で1,2を争う蔵王温泉スキー場と、夏スキーのメッカ月山スキー場があります。

5位 群馬県

21か所

 索道有:21か所
 索道無:  0か所

みなかみ町には8か所、片品村には5か所のスキー場があります。

 

スキー場 カテゴリー別 ランキング まとめ はこちら

コメント