スキー場「利用者数」が多い市町村 トップ5

スキー場「利用者数」が多い市町村のトップ5です。

調査方法

調査方法:各自治体が発表しているスキー場利用者数(入込客数)のデータを利用
     北海道の自治体などは、利用者数が未公表なので、全観光客数などから推測
対象  :2018/19シーズンのデータ
     (2019/20シーズンは、記録的な小雪の影響で例年と大きく状況が変わっているため)

トップ5

1位 新潟県湯沢町

利用者数 :239万人
スキー場数:11か所

利用者数、スキー場数共に栄えある1位に輝いたのは湯沢町でした。
唯一200万人を超え、2位を大きく引き離しています。
単独のスキー場としては、日本一の集客力を誇る苗場スキー場を筆頭に、30万人以上の利用者があるスキー場が4か所もあります。
ちなみに、利用者数30万人のスキー場は日本で10数か所しかありません。

2位 長野県山ノ内町

利用者数 :145万人
スキー場数:5か所
注)志賀高原 18 SKI AREAは1か所と数えています。

スキーアリアとしては、日本最大の集客力を誇る志賀高原 18 SKI AREAに加え、志賀高原の山麓に位置する北志賀の4つのスキー場も集客力が高く、2位になりました。
町の全域にスキー場が広がる、スキー場と共に歩む町です。

3位 新潟県南魚沼市

利用者数 :124万人
スキー場数:10か所

湯沢町と同様に古くからのスキーのメッカで、利用者数も3位に入りました。
石打丸山がGALA湯沢と繋がっていたり、舞子と岩原は同じ山の南北に位置するので、どこからが南魚沼市のスキー場が、普通の人は分からないですよね。
とにかく、湯沢町を含めスキー場の密集している地域です。

4位 岐阜県郡上市

利用者数 :119万
スキー場数:10か所
注)母袋温泉スキー場はスキー場の数に入っていますが、利用者数には含まれていません。

西日本では最大規模の利用者10万人以上のスキー場が5か所あります。
スキー場が高速道路から近く、密集していて、都市圏から近いところは湯沢町、南魚沼市と似ています。

5位 長野県白馬村

利用者数 :97万人
スキー場数:5か所

HAKUBA VALLEY には10か所のスキー場がありますが、その半分が白馬村にあります。エイブル白馬五竜・Hakuba47と八方尾根が利用者数をけん引しています。
近年、八方尾根の利用者減少が顕著なのですが、なんとか打開してほしいところです。

 

スキー場 カテゴリー別 ランキング はこちら

コメント