2020/2021 スキー場運営会社 ベスト10

最盛期には年間1800万人がスキー場を訪れ、大手デベロッパーが次々とスキー場を造成しました。
しかし、バブルがはじけスキー人口も1/3にまで減少。
それに伴い、小規模、あるいは運営の効率化が進まなかったスキー場が行き詰まり、運営権の譲渡や廃止に追いやれています。
そのような状況の中、運営ノウハウを持った新たなスキー場運営会社がでてきました。
これらの会社は民間のスキー場に限らず、地方自治体が持つスキー場の運営も任され規模を拡大しています。

それでは、スキー場運営会社のトップ10(運営スキー場数)を見ていきましょう。

スポンサーリンク

トップ10

1位 マックアース

運営スキー場:16か所

神立スノーリゾート
黒姫高原スノーパーク     Mt.KOSHA よませ温泉スキー場
Mt.KOSHA X-JAM高井富士  菅平高原パインビーク オオマツ&ツバクロ
ひるがの高原スキー場     高鷲スノーパーク
ダイナランド         鷲ヶ岳スキー場
箱館山スキー場        神鍋高原万場スキー場
おじろスキー場        氷ノ山国際スキー場
ちくさ高原スキー場      峰山高原リゾート ホワイトピーク
ユートピアサイオト      

沼尻スキー場(~2020年?)
今庄365スキー場(~2020年)
ばんしゅう戸倉スノーパーク(~2020年)
芸北国際スキー場(~2020年)
国境高原スノーパーク(~2020年)
スノークルーズオーンズ(~2020年)
猪苗代スキー場(中央×ミネロ)(~2020年)
会津高原高畑スキー場(~2020年)
裏磐梯スキー場(~2020年)

言わずと知れた日本最大のスキー場運営会社。
毎年のように新たなスキー場の運営を請け負っていましたが、ここ数年は撤退するスキー場が増えてきています。
特に今年は既に9か所のスキー場運営から撤退しています。
何が、起こっているのでしょうか、心配です。
2017年12月16日にオープンした峰山高原リゾート ホワイトピークは、国内14年ぶりに開業した最も新しいスキー場です。

HP facebook 

2位 クロスプロジェクトグループ

運営スキー場:11か所

夏油高原スキー場    泉が岳スキー場
ノルン水上スキー場   佐久スキーガーデンパラダ
ヘブンスそのはら SNOW WORLD
伊那スキーリゾート   若杉高原おおやスキー場
八千穂高原スキー場  :アドバンス(株)運営
アップかんなべスキー場:アドバンス(株)運営
駒ヶ根高原スキー場  :中央アルプスリゾート(株)運営
千畳敷スキー場    :中央アルプス観光(株)運営

フリースタイルスキーのスクールから始まった異色の会社です。
顧問・相談役は、フリースタイル界の大御所 角皆優人氏です。

HP 

3位 プリンスホテル

運営スキー場:10か所(国内)

富良野スキー場    雫石スキー場
苗場スキー場     かぐらスキー場
六日町八海山スキー場 妙高杉ノ原スキー場
万座温泉スキー場   志賀高原 焼額山スキー場
軽井沢プリンスホテルスキー場 狭山スキー場(注)

中国:松花湖スキー場

一時は日本最大のスキー場運営会社でしたが、西武鉄道の証券取引法違反事件を発端に財務状況が悪化し、スキー人口の減少も伴い、スキー場の廃止が相次ぎました。
現在でも廃止のうわさがあるスキー場もありますが、頑張ってほしいです。

(注)正確には西部鉄道(株)の傘下です。

HP facebook 

4位 東急リゾーツ&ステイ

運営スキー場:8か所

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ
グランデコスノーリゾート
ハンターマウンテン塩原
マウントジーンズ那須
たんばらスキーパーク
タングラムスキーサーカス
蓼科東急スキー場
スキージャム勝山

マネジメント契約:富士見パノラマリゾート

東急グループ3社を統合して2020年7月1日に発足したリゾート施設運営会社です。
会員制リゾートホテルの東急ハーヴェストクラブの運営も行っています。

HP twitter 

5位 日本スキー場開発

運営スキー場:8か所

白馬八方尾根スキー場
白馬岩岳スノーフィールド
栂池高原スキー場
鹿島槍スキー場
竜王スキーパーク
菅平高原スノーリゾート
川場スキー場
めいほうスキー場

日本駐車場開発を親会社に持つスキー場運営の専門会社です。
年々スキー場業界での存在感を増しています。
近年では、HAKUBA VALLEYのブランド化と訪日客の取り込みに力を入れています。

HP 

6位 NCリゾートマネージメント

運営スキー場:6か所

八幡平リゾート
スプリングバレー泉高原スキー場
湯沢高原スキー場
石打丸山スキー場
サンメドウズ清里スキー場
びわ湖バレイ

親会社は、日本最大の索道会社の日本ケーブルです。
2018/19シーズン石打丸山スキー場に、日本初の10人乗りのゴンドラキャビンと6人乗りのチェアリフトを一つのラインで運行する世界最新鋭のコンビリフト「サンライズエクスプレス」を導入しました。

HP 

6位 鈴木商会

運営スキー場:6か所

函館七飯スノーパーク
黒伏高原スノーパーク
岩手高原スノーパーク
奥利根スノーパーク
赤倉温泉スキー場
白樺湖ロイヤルヒル

1943年の創業以来、70余年以上に渉りスキー場の運営を手掛けています。

HP 

6位 スマイルスキーリゾート

運営スキー場:6か所

舞子スノーリゾート
湯沢中里スノーリゾート
ムイカスノーリゾート
二ノックススノーパーク
車山高原SKYPARK RESORT
キューピットバレイ(2020年7月1日~)

新潟を中心にスキー場の経営を行っています。
グループ企業にはスマイルホテルがあります。

HP 

9位 加森観光

運営スキー場:5か所

ルスツリゾート
十勝サホロリゾート
サッポロテイネ
中山峠スキー場
サンライバスキー場

北海道のリゾート施設運営会社です。

HP 

9位 ブルーキャピタルマネジメント

運営スキー場:5か所

箕輪スキー場
Mt.乗鞍スノーリゾート
白馬さのさかスキー場
エコーバレースキー場
ヤナバスキー場(2020~)

2018年に4つのスキー場をマックアースより譲渡されました。
HPにヤナバの名前がでていました。
また、青木湖スキー場のホテルも買収したので、スキー場の復活があるかもしれません。

HP facebook 

指定管理者制度

スキー場関連の記事に、たびたび「指定管理者制度」と言う言葉が出てきます。
この制度は市町村など自治体が所有しているスキー場の運営管理を民間委託することをさします。
自治体が指定管理者を募集し、応募者を審査して決めます。
審査に通らなかった場合、あるいは応募がなかった場合はスキー場が廃止になることもあります。

最後に

スキー場の運営の効率化する >> 
利益が上がる >> サービスが向上する >> 来場者が増える >> 利益が上がる >> サービスが向上する >>> 来場者が増える

という、好循環が生まれますように。

コメント

  1. クロスプロジェクトグループにつきまして..

    中央アルプス観光(株)が、駒ヶ根高原スキー場を含む3施設を分社化して中央アルプスリゾート(株)とし、それをクロスプロジェクトグループ子会社の伊那リゾートに売却した、という新聞記事は見たのですが、

    千畳敷スキー場も含まれているのでしょうか?

    • sklatchさん、ご指摘ありがとうございます。
      千畳敷スキー場は中央アルプス観光(株)が運営しているようですね。
      修正いたしました。