シーズンイン・春スキーの必需品、防水グッズ グローブ編

スキー用語・道具

シーズンインと春スキーの時期は寒暖差が激しく、スキー場で雨が降ることがままあります。
雨にならなくても、湿った雪が降り、ウェアやグローブなどが濡れて不快になる時もあります。
そのような時は滑らずに温泉でゆっくりすることも良いのですが、それでも滑りたいという人のために、お勧めの防水グローブをご紹介します。

小雪・小雨

雨が降るかどうか分からない、降っても少量というときにお勧めなのがオーバーミットです。
普段使っているグローブの上に着けることで、グローブが濡れることを防ぎます。
また、薄いのでウェアにポケットに入れておき、必要な時に着けることができるので邪魔になりません。

加えて、オーバーミットをすると空気の層が一枚できるので防寒対策にもなり、厳冬期も重宝します。
私は主にグローブだけでは手先が凍える、厳冬期に利用しています。

最近は種類が少なくなってきたので、必要な方は見つけたら買いです。

湿雪から冷たい雨

気温が0度前後、雨になったり雪になったりするときは、ポリウレタン製の防寒グローブがお勧めです。
通常のグローブは水をあまりはじかないので、雨が降ったらお手上げです。
革製のグローブで十分オイルを馴染ませていたとしても、長時間雨に濡れると水がしみてきます。

その点、雨を全く通さないゴム製は最適です。
インナーに薄手の手袋をすれば、汗も吸い取ってくれます。
防水性はばっちりで、また気温が氷点下になってもある程度は問題ありません。

私はテレムスを利用していて、氷点下5℃からプラス10℃ぐらいでの気温の時、雨が降らなくても利用しています。
もともと屋外での作業用につくられれたグローブで、耐寒性も考慮されています。
性能の違いはあまりなく、そこまで高いものでもないので、デザイン性で選んでもあまり問題はないと思います。

この手のグローブの老舗で、迷ったらテムレスを購入すれば間違いないと思います。

TEMRES(テレムス)

最近、スキー場でも見かけるようになってきました。

DAILOVE(ダイローブ)

ちょっと目立った見たい方はどうぞ。

SPRINGRN(スプリンゲン)

暖かい雨

気温が10度を超えるような時、防寒グローブでは暑すぎるときがあります。
そんな時の秘密兵器があります。
それは、食器洗い用のゴム手袋です。
一枚100円ぐらいのもので、中に薄手の手袋をすれば快適に使えます。
意外と丈夫で、数回の使用では破れません。

ただし、エッジから手を守る効果はないので、ご利用は自己責任でお願いします。

最後に

あまり雨は降ってほしくありませんが、少しでも楽しく滑れるように装備を充実させてたいですね。

コメント