スキー場 カテゴリー別 ランキング 自治体部門

スキー場をいろいろなカテゴリでランキングしました。
こんなランキングが知りたい、というカテゴリーがあったら調査しますのでコメントください。

調査方法:Web等で公開されているデータを利用
対象  :2020/2021シーズンに営業しているスキー場
     除く、サマーゲレンデ
     新型コロナウイルスの影響で営業休止中のスキー場は加えてあります。

スポンサーリンク

自治体部門

スキー場数が多い市町村

志賀高原 18 SKI AREAは1つのスキー場としてカウントしました。

1位 新潟県湯沢町

11か所

堂々の1位は川端康成の小説「雪国」でもお馴染みの越後湯沢です。
古くから温泉地として栄え、スキーブーム以前から多くのスキー場がありました。
湯沢町のすごいところは、他の市町村と合併してスキー場の数が増えたわけではないところです。
加えて、廃止されたスキー場が8ヵ所あり、その他にも苗場のようにゲレンデを縮小したところもあります。

  • GALA湯沢スキー場
  • 湯沢高原スキー場
  • 一本杉スキー場
  • NASPAスキーガーデン
  • 神立スノーリゾート
  • 岩原スキー場
  • 湯沢パークスキー場
  • 湯沢中里スノーリゾート
  • 中里スノーウッドスキー場
  • かぐらスキー場
  • 苗場スキー場

廃止されたスキー場

  • 城平スキー場
  • 湯沢ファミリースキー場
  • 加山キャプテンコースト湯沢スキー場
  • ルーデンス湯沢スキー場
  • 土樽スキー場
  • 白板高原スキー場
  • 二居スキー場
  • 三国スキー場

2位 岐阜県郡上市

10か所

郡上市は、2004年3月1日に旧郡上郡、全7町村が合併してできた市です。
市の中心を南北に東海北陸自動車道が走り、スキー場への交通の便も良く、中部以西で最も利用客が多いエリアです。

  • ウイングヒルズ白鳥リゾート
  • スノーウェーブパーク白鳥高原
  • ダイナランド
  • 高鷲スノーパーク
  • ひるがの高原スキー場
  • ホワイトピアたかす
  • 鷲ケ岳スキー場
  • 郡上ヴァカンス村スキー場
  • めいほうスキー場
  • 母袋温泉スキー場

2位 新潟県南魚沼市

10か所

湯沢町のお隣、米どころ南魚沼市です。
2004年11月1日、六日町と大和町が合併し、その後2005年10月1日に塩沢町が編入したことにより、一気にスキー場の数が増えました。
新幹線の越後湯沢駅からも近い、南側に大きなスキー場が固まっています。

  • 八海山麓スキー場
  • 八海山スキー場
  • 舞子スノーリゾート
  • 五日町スキー場
  • ムイカスノーリゾート
  • シャトー塩沢スキー場
  • 上越国際スキー場
  • Mt.グランビュースキー場
  • 石打花岡スキー場
  • 石打丸山スキー場

4位 新潟県妙高市

8か所

2005年4月1日に新井市が妙高高原町と妙高村を編入し妙高市へ改称しました。
日本有数の豪雪地帯、妙高山山麓などに多くのスキー場があります。
この他にも、斑尾高原スキー場の大部分は妙高市ですが、センターハウスが長野県側なので住所は長野県になっています。

  • ロッテアライリゾート
  • 休暇村妙高ルンルンスキー場
  • 妙高スキーパーク
  • 妙高高原関温泉スキー場
  • 赤倉観光リゾート
  • 赤倉温泉スキー場
  • 池の平温泉スキー場
  • 妙高杉ノ原スキー場

4位 群馬県みなかみ町

8か所

同数4位は、2005年10月1日 に水上町、月夜野町、新治村が合併してできた、みなかみ町です。
1960年12月12日にオープンした「谷川岳天神平スキー場」は全国初の国有林を開発してできた国設スキー場です。

  • 水上高原スキーリゾート
  • 水上宝台樹スキー場
  • 水上高原・奥利根温泉 藤原スキー場
  • 奥利根スノーパーク
  • ホワイトバレースキー場
  • 谷川岳天神平スキー場
  • ノルン水上スキー場
  • 赤沢スキー場

スキー場「利用者数」が多い市町村

各自治体が発表しているスキー場利用者数(入込客数)のデータを利用します。
北海道の自治体などは、利用者数を発表していないので、全観光客数などから推測しました。
2019/20シーズンは、まだ未発表の自治体があることと、記録的な小雪の影響で例年と大きく状況が変わっているので、2018/19シーズンのデータを利用しました。

1位 新潟県湯沢町

利用者数 :239万人
スキー場数:11か所

利用者数、スキー場数共に栄えある1位に輝いたのは湯沢町でした。
唯一200万人を超え、2位を大きく引き離しています。
単独のスキー場としては、日本一の集客力を誇る苗場スキー場を筆頭に、30万人以上の利用者があるスキー場が4か所もあります。
ちなみに、利用者数30万人のスキー場は日本で10数か所しかありません。

2位 長野県山ノ内町

利用者数 :145万人
スキー場数:5か所
注)志賀高原 18 SKI AREAは1か所と数えています。

スキーアリアとしては、日本最大の集客力を誇る志賀高原 18 SKI AREAに加え、志賀高原の山麓に位置する北志賀の4つのスキー場も集客力が高く、2位になりました。
町の全域にスキー場が広がる、スキー場と共に歩む町です。

3位 新潟県南魚沼市

利用者数 :124万人
スキー場数:10か所

湯沢町と同様に古くからのスキーのメッカで、利用者数も3位に入りました。
石打丸山がGALA湯沢と繋がっていたり、舞子と岩原は同じ山の南北に位置するので、どこからが南魚沼市のスキー場が、普通の人は分からないですよね。
とにかく、湯沢町を含めスキー場の密集している地域です。

4位 岐阜県郡上市

利用者数 :119万(2017/18シーズン)
スキー場数:10か所
注)2017/18に営業していた、しらおスキー場はデータから除いています。
  母袋温泉スキー場はスキー場の数に入っていますが、利用者数には含まれていません。

西日本では最大規模の利用者10万人以上のスキー場が5か所あります。
スキー場が高速道路から近く、密集していて、都市圏から近いところは湯沢町、南魚沼市と似ていますね。

5位 長野県白馬村

利用者数 :97万人
スキー場数:5か所

HAKUBA VALLEY には10か所のスキー場がありますが、その半分が白馬村にあります。エイブル白馬五竜・Hakuba47と八方尾根が利用者数をけん引しています。
近年、八方尾根の利用者減少が顕著なのですが、なんとか打開してほしいところです。

 

スキー場 カテゴリー別 ランキング はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました