クラウンプライズ 合格率と攻略のポイント

2018/19、2019/20シーズンに新潟県で行われた延べ3会場のクラウンプライズ検定の結果から、攻略のポイントを考察しました。

スポンサーリンク

合格率

新潟県スキー連盟主催のクラウンプライズ検定は、テクニカルプライズ検定と同時開催です。
全会場とも検定員は、現あるいは元ナショナルデモンストレーターを含む技術戦の本選に出場していた方々でした。

主催  :新潟県スキー連盟
会場  :石打丸山スキー場(2019)、岩原スキー場(2019、2020)
受験者数:144名(延べ)
合格者数:  13名(延べ)
合格率 : 9.0%

同時開催のテクニカルプライズより高い合格率でした。

受験者像

全受験者137名(注)の平均点です。

  フリー 大回り 小回り 不整地 合計
平均点 79.0 79.0 78.9 78.8 315.7

全種目とも、平均点がほぼ79点でした。

次に受験者毎の4種目の合計点の分布図です。

最頻値 :316
平均  :315.7
標準偏差:2.8

320点(80点 x 4種目) が合格点です。

315.7(平均点)±2.8=312.9~318.5点の間に約68%の人が入っています。

グラフからも、マイナス4点(全種目平均79点)の方が最も多いことがよく分かります。

(注)点数を読み取ることができなかった6名、途中棄権した1名の方を除いています。

合格者像

合格者とはどのような方でしょうか。

合格者数13名の平均点です。
また、なんと全員男性でした。

  フリー 大回り 小回り 不整地 合計
平均点 80.2 80.1 80.1 80.3 320.7

全種目、ほぼ合格点の80点でした。

合格者の加点、減点種目

合格者の得点傾向をみるために、加点と減点種目の点数を調べました。
加点は全て81点、減点は全て79点でした。
「ー」

フリー 大回り 小回り 不整地 加点種目数
81 81 2
81 81 2
81 81 2
81 2
81 1
81 1
81 79 1
79 79 81 81 1
79 81 1
79 81 1
0
0
0
4名 2名 3名 5名  

複数の種目で加点をされた方は4名、減点があったのも4名でした。
また、種目別ではコブで加点する方が最も多く5名でした。

攻略のポイント

合格者と不合格者の種目別平均点とその差です。

  フリー 大回り 小回り 不整地 合計
合格者
平均点
80.2 80.1 80.1 80.3 320.7
不合格者
平均点
78.9 78.9 78.7 78.7 315.2
1.4 1.2 1.3 1.6 5.5

合格者の平均はコブが最も高く、不合格者の平均はコブが最も低く、大きな差がみられました。

また、合格者の点数でもわかるように、種目別でも減点がある人がほとんどいません。

したがって、整地種目で合格点をとり、かつコブの実力を上げる、というのが合格への近道のようです。

まとめ

クラウン合格には整地全種目での合格点を目指しましょう。
加えて、コブのレベルアップを目指してください。

 

スキー検定(バッジテスト)のまとめ はこちら

コメント