平年並みの寒さと、降雪量の関係

2020/2021シーズン、気象庁の季節(寒候期)予報では、北海道、東北は平年より暖かく、北陸、関東から西日本にかけては平年より寒いと発表されました。

北海道、東北の方には申し訳ないのですが、関東以西は平年より寒いと聞いてワクワクしています。

しかし、ふと平年より寒いとはどんな気温なんだろうと思い、調べてみることにしました。

季節予報、1か月予報、3か月予報

長期予報には4種類あり、それぞれ次の日時で発表されます。

  • 1か月予報:毎週木曜日
  • 3か月予報:毎月25日頃
  • 寒候期予報:9月の3か月予報と同時
  • 暖候期予報:2月の3か月予報と同時

10月25日に最新の3か月予報(11月~1月)が発表されたが、季節予報とほぼ同様でした。

平年とは?

次に、平年についてです。

気象用語としては、明確な定義があります。

今年は、基準の年が変わるので少しややこしいので、具体的に説明します。

平年並みとは、対象の30年間の内、気温の高い方から11番目と20番目の間に入る年の気温ということです。

対象期間は次のようになります。

2020年12月まで

対象期間:1981年~2010年までの30年間

2021年1月以降

対象期間:1991年~2020年までの30年間

対象期間が過去30年間ではないのがポイントで、2021年1月は10年に一度の期間変更の年に当たりました。

岐阜県高山市

では、平年並みの気温と降雪量の関係はどのようになるか、本州の中央に位置する岐阜県高山市で見てみたいと思います。

グラフは、1991年から2020年までの30年間の1月の平均気温を左軸、そのシーズンの年間降雪量を右軸に表し、平均気温の高い順に並べてあります。

暖冬の年(左から10番目の年まで)に、降雪量が少ないのは明らかですね。

平年並み(11~20番の年)と平年より寒い年(21番目以降の年)の降雪量の差はそこまで多くないようです。


出典:国土交通省気象庁

 平均気温平均降雪量
平年より暖かい 0.0℃230 mm
平年並み-1.4℃357 mm
平年より寒い-2.2℃370 mm

観測地点は市街地にあるので、スキー場はより気温が低く、降雪量も多いと考えられます。

また、グラフから見ても明らかなように、2020年1月の気温の高さは突出していました。

まとめ

気温と降雪量は完全に比例しているわけではありませんが、平年より寒いということは、降雪量も期待できそうです。

 

よく当たる? スキー場の天気予報 はこちら

コメント