ロープトゥ、リフト、ゴンドラなどスキー場の輸送手段

スキー場でスノーヤーをゲレンデ上部に運ぶ手段としてはリフトが一般的ですが、日本、世界にはいろいろな種類の輸送手段があります。
日本ではお目にかかれない輸送手段もありますが、乗り物好きの方は、完全制覇を目指してください(^.^)

スポンサーリンク

マジックカーペット(ムービングベルト)

初心者や子供向けのゲレンデに設置されている、ベルトコンベア方式の輸送手段です。
2020/2021シーズンに、埼玉県の狭山スキー場の輸送手段は、シングルリフトからマジックカーペットに変更されました。

トロイカ

トロイカと呼ばれる乗り物に乗り、ロープで引っ張って上がります。
乗り物は方向転換を行わず、後ろ向きで乗り場まで戻されます。

山田温泉キッズスノーパークで、子供が小さい時にお世話になりました。
写真を見ると、トロイカが新しくなっています。


山田温泉キッズスノーパークHPより

滑走式リフト(シュレップリフト)

始めてスキー場に設置された人をゲレンデ上部に運ぶ手段で、スキー・スノーボードを履いたままロープに引っ張り上げてもらいます。

ロープトゥ

ロープは雪面に近い位置にあり、人が持っていないと雪面に接します。
動力(エンジン)は固定されているものと持ち運びが可能なものがあります。
全国20か所以上のスキー場で今なお現役です。

月山スキー場では、Tバーリフトと呼ばれていますが、ナッツクラッカー・トゥの一種だと思うのですが、どうなんでしょうか?

日本でロープトゥと呼ばれているもののほとんどは、ハンドルトゥです。

ちなみにトゥ(Tow)とは引っ張るという意味です。

定員名称 設置スキー場
1人ロープ・トゥ直接手でロープを持ちます 
1人ナッツクラッカー・トゥナッツクラッカー(くるみ割り)と呼ばれる装置で、ロープを挟み、つかまります。月山スキー場
1人ハンドル・トゥロープに固定されたハンドルをお尻にあてます多数

手で直接ロープを持つロープトゥです。

プラッター、Jバー、Tバーリフト

ロープトゥが進化し、支柱の上で循環しているワイヤロープに、Tバーリフトなどがぶら下がっていて、バーなどをお尻にかけて、引っ張り上げてもらいます。
日本のスキー場で現役のTバーなどがあるのは、10か所前後でしょうか。
海外の氷河スキー場など、大きな支柱を設置できないゲレンデでは、数キロにおよぶような滑走式リフトがあります。
かつて、安比高原にも1000mを超えるTバーリフトがありました。
4人乗りTバーリフト、どこかで見たのですが、思い出せません(>_<)

定員名称 設置スキー場
1人プラッター・リフト直径数十センチの丸い樹脂を脚の間に挟みます松山スキー場 他
1人Jバー・リフト「J」字型の鉄棒をお尻に当てます日本にあるのでしょうか?
2人Tバー・リフト「T」字型の鉄棒をお尻に当てますかもい岳国際スキー場
4人Tバー・リフト「T」字型の鉄棒の左右に2人づつ乗ります日本未導入
(現役かどうか不明)

Jバーリフトです。
日本でJバーと呼ばれているものはプラッタリフトの場合がほとんです。

リフト(特殊索道)

みなさんお馴染みのリフトには、ロープに搬器が固定されていタイプと、乗降時にロープから搬器が外れるデタッチャブル式のものがあります。

定員固定式リフトデタッチャブルリフト設置スキー場
1人 数少なくなりました
2人 多数
2人 少数
3人 多数
3人 舞子スノーリゾート 他
4人 少数
4人 多数
6人 ニセコHANAZONO、石打丸山
8人 日本未導入

普通索道

ゴンドラ(テレキャビン)

密閉式の搬器(搬器)が循環していて、乗降時にはワイヤロープから外れ減速します。

石打丸山スキー場では、6人乗りリフトと10人乗りゴンドラを同じワイヤロープで輸送するコンビリフトがあります。

定員設置スキー場
4人志賀高原 他
6人多数
8人多数
10人石打丸山 他
12人ヘブンスそのはら


石打丸山スキー場 Sunrise Express(コンビリフト)乗り場

フニテル

「フニテル(Funitel)とは索道の一種で、二本の支曳索(ロープ)を片側二条になるよう敷設した複式単線(DLM:Double Loop Mono-cable)方式のうち、支曳索の間隔がゴンドラの幅よりも広いものの愛称である。」
ウキペディアより引用

2本のロープでゴンドラを支えているので、風に強いのが特徴です。

スキー場では、蔵王温泉、谷川岳ロープウェイに導入されています。

パルスゴンドラ

通常のゴンドラと同じように見えますが、ワイヤロープに搬器が固定され循環していて、乗降時に減速します。

ニセコビレッジと志賀高原で稼働しています。

ロープウェイ

ワイヤロープに大きなゴンドラが2基吊るされ、循環せずケーブルカーの用に上下します。(交走式)

日本最大のロープウェは、湯沢高原スキー場と北志賀竜王スキーパークにあり、共に166人乗りです。

列車・ケーブルカー(フニクラー)

ヨーロッパアルプスなのでは、登山列車で登り、滑り降りてくるスキー場がありますが、日本にはないでね。
ケーブルカーで登るスキー場もありますが、雪の多い日本での導入は難しいですね。

番外編

スキー場の乗り物と言うことであれば、圧雪車(ピステンなど)、キャタピラ付きの車、スノーモービルがあります。

この中で、雪上車はリフトが動く前のファーストトラック、リフトが架かっていない場所への移動のためのサービスとして営業されている場所があります。

ヤマボクワイルドスノーパーク のスペシャルキャットプログラムなど。

まとめ

 搬器搬器の固定ロープ
マジックカーペット
トロイカ開放固定交走式
ロープトゥなど循環式
Tバーリフトなど固定循環式
リフト開放固定/デタッチャブル循環式
ゴンドラ密閉デタッチャブル循環式
フニテル密閉デタッチャブル循環式
パルスゴンドラ密閉固定循環式
ロープウェイ密閉固定交走式
列車・ケーブルカー

最後に

今まで、スキー場で経験がないのが、ロープトゥ、ナッツクラッカー・トゥ、Jバー、8人乗りデタッチャブルリフト、フニテル、列車、ケーブルカー、、、

私に、全種類制覇の時は来るのでしょうか(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました