コブにおける二つのターン

谷回りから山回りになるためには、板の方向を変えるターンが必要となってきています。
ターン方法を大別すると、「内力を主体としたターン」と「外力を利用したターン」になります。
内力を主体としたターンとは、自分の筋力で板の進行方向を変えるターンです。
外力を利用したターンとは、雪面抵抗を利用するターンです。

それでは、コブにおいてそれぞれのターンがどのように行われているかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

内力を主体としたターン

内力とは

内力とは自分の筋力により発生する力です。
ターンを行うために、主に太腿の回旋により板の進行方向を変えます。
もう少し細かく言うと、外足は内旋、内足は外旋します。
必要な筋力は、板の荷重位置(前後のポジション)と滑走スピードに依存します。
ピボットターンを行えるポジションに荷重ができれば、少ない力でターンを行うことができます。

ピボットターン はこちら

整地での内力を主体としたターン

ズレの大きい(ピボット要素の多い)ターンとなります。
急斜面を滑る時など、減速したい時に有効です。
垂直軸を中心とした回転になるので、切替で腰高なポジションになりがちです。

コブでの内力を主体としたターン

コブの出口を有効に使えば、整地より少ない力でターンすることが可能です。
板の前半分がコブから出た状態でターンを行うと、板の後ろ半分も雪面から浮いているので、ブーツの下のみ雪面に接した状態になり、ほとんど力を使うことなく、板の進行方向を変えることができます。
コブの裏を削りながら、ゆっくり滑り降りたい方にお勧めのターン方法です。

外力を利用したターン

外力とは

外力とは文字通り外から加わる力です。
スキーのターンの場合は、主に雪面抵抗になります。
板の前半分に後ろ半分より大きな雪面抵抗を受けることにより、板の進行方向が変わります。

整地での外力を利用したターン

カービング要素が強いほど、板の前半分に大きな雪面抵抗を受けます。
整地では滑走スピードを上げることにより、強い遠心力を発生させ、その力に釣り合う深い内傾角をとることができるようになります。
内傾角が深いということは、板が雪面に対して垂直に近くなり、より強い外力を受けることができるようになります。

コブでの外力を利用したターン

整地では滑走スピードを上げることにより大きな外力を受けることができます。
コブでは、始めから雪の壁(バンク)があるので、板がバンクを通れば外力を受けることができます。
バンクを通るためには、板のトップがコブの溝を越える必要があります。
すなわち、コブの溝を越えることができれば、外力を利用したターンが可能になります。
この外力を利用したターンこそコブの醍醐味です。
ワンランク上の滑りを目指す方は、ぜひ習得してください。
コブが楽しくなってきますよ。

まとめ

「内力を主体としたターン」と「外力を利用したターン」の二つのターンがあります。
どちらのターンも整地よりコブの方が容易に行うことができます。
ゆっくりと滑りたい場合は内力を主体としたターンを行ってください。
ワンランク上の滑りを目指すには、外力を利用したターンの習得は不可欠です。

 

コブでの谷回り はこちら
コブにおける二つのターン はこのページです。
コブでの山回り はこちら

コブの滑り方 はこちら
コブの練習方法 はこちら

コメント