コブレッスンの選び方

「少しのことにも 先達はあらまほしき事なり」
頭の片隅に残っている方もいるかと思いますが、徒然草にある有名な言葉で、少しのことでも教えてくれる人は必要ですね、という意味です。
スキーに限らず、レッスンは重要ということは議論の余地がないのですが、「どうやってレッスンを探したらいいの?」、「どのレッスンがいいの?」と悩んでいる方も多いと思います。
そこで、コブレッスンの選びか方についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

インストラクターはどんな人?

レッスンを行うにはインストラクターがいるわけですが、どんな人がなるのでしょうか。

現役のモーグルコーチ、モーグル選手

SAJ(公益財団法人全日本スキー連盟)あるいはFIS(International Ski Federation)公認大会に出場している選手やそのコーチになります。
通常は一般の方にレッスンを行うことはありませんが、たまにスポンサー主催のキャンプなどで模範滑走やワンポイントレッスンなどを行うことはあります。
画面越しではなく、トップ選手の生の滑りを見ることは良い刺激になります。

元モーグルコーチ、モーグル選手

自身のスクールを運営している場合とスキー場にある常設スキースクールに常駐している場合があります。
どちらにしても有名な方々なので、その方の名前の入った特別レッスンを行っている場合が多いです。
人気のある先生はすぐに予約が埋まってしまいますので、申し込みはお早めに。

スキースクールのインストラクター

スキースクール内でコブの得意なインストラクターが、コブレッスンを受け持って行っています。
常勤や非常勤のインストラクターや、学生のアルバイトなどがいます。
一般的にはスクール内で上手い人が担当します。

スキークラブの指導者、スキー仲間

スキーを教えることに資格は必要ありません。
知り合いにコブの上手な方がいれば、その人に聞くのが普通のことですよね。
上達の過程で苦労した点が同じ場合も多く、自分にあったヒントをもらえる可能性もあります。

教科書、参考書

コブの練習方法は確立されたものがなく、学校の教科書のようなものはありません。
個人が出版している書籍以外で、かろうじてコブの記載があるのはつぎのものですが、これからコブをうまくなりたいと思っている方には、あまり参考にならないと思います。

SAJフリースタイル ジャッジングハンドブック AE / MO / DM 種目

ライブラリー>フリースタイル から検索

日本スキー教程

著者:公益財団法人全日本スキー連盟

DVD、ムック、書籍

コブに関する多くのDVDなどが発売されています。
イメージトレーニングに利用する、コマ送りをして細部の動きをみるなど、自習方法はいろいろあります。

コブがメインのDVD はこちら
コブがメインのムック(DVD付)・書籍 はこちら
スキー雑誌 今昔物語 はこちら

レッスン内容

前の章でも書きましたが、まだ万人向けのコブレッスン方法は確立していません。
しかしながら、個々の弱点克服レッスン方法は存在します。
コブを苦手とする理由は人により異なるので、どのような練習が最適なのかは上手な人に教えてもいましょう。

レッスンの選び方

具体的にどのレッスンに入るかは悩むところですが、次の観点からレッスンを選ぶのはどうでしょうか。

通いやすいスキー場から選ぶ

数は限られていますが、コブレッスンを行っているスキースクールがあります。
常設レッスンや特別レッスンがありますが、常に同じスキー場でレッスンが行われます。
また、少しお金はかかりますが、これぞと思うインストラクターがいれば、プライベートレッスンを申し込む手もあります。
人気のインストラクターのプライベートレッスンは数か月先まで埋まっていることもありますので、お申し込みはお早めに。

インストラクターから選ぶ

元モーグル選手などに多いのですが、自身のスキースクールを運営している方がおられます。
そのような方は、いろいろなスキー場でレッスンを行います。
集合レッスンなので、プライベートレッスンよりもリーズナブルな料金で同じ方に教えてもらえるメリットがあります。
が、その一方でレッスン開催場所はまちまちです。

最後に

ここまでいろいろな観点でコブレッスンをご紹介してきましたが、最後のポイントは感性だと思います。
自分の感覚と合ってると思うコブレッスンを選び、どんどん上達してください。

 

自分にあった指導者の見つけ方 はこちら
コブ専門スキースクール はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました