スキー用語 スキーブーツ

スキーブーツは履くときにブーツが前に開くフロントエントリー、後ろに開くリアエントリー、その中間のスリーピースと呼ばれるものがあります。

ここでは、最も多くの方が履いているリアエントリー式のブーツについて解説します。

シェル

シェル

ブーツの外側のプラスチックスの部分です。
2つの部分に分かれていて、上部をアッパーシェル、下部をロアシェルと呼びます。

ソール

ブーツの裏側のことです。

コバ

ブーツの前後にあるビンディングでブーツをスキー板に留めるためにある出っ張った部分です。
コバは木場と書き、なぜか日本語です。

バックル

ブーツを履いた後、しっかりと占めるための部品で、下から第1バックル、第2バックル、第3バックル、第4バックルと呼びます。
子供や初心者用のブーツには、第3バックルまでのものもあります。

カントパーツ

カント(cant)と傾斜のことで、左右のブーツの傾きを調整する部分です。
カント調整用の専用工具で調整を行います。

パワーベルト

シェルの上部をしっかり固定することで、ブーツを前に押したときにシェルの変形を抑え、板にしっかりと力を伝えるためのベルトです。

インナー

インナー

シェルの内側にある柔らかい部分で、足が触れる部分で、大きく分けると2つのパーツからなります。

タング

インナーのは2つのパーツの前にあるパーツをタング(Tongue)と呼びます。
タングとは舌という意味で、焼き肉屋ではタンと呼ばれます。

インソール

インソールとは中敷きのことで、インナーの内側に入れてます。
インソールを足型に合わせて熱成型し、よりフィット感を高めることもあります。

 

初心者必見! 分かりやすい スキー用語集 はこちら

コメント